アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
花便り
ブログ紹介
季節の花をお届けしております。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
初冬の山裾09
(12/01日分やや前倒し) こんにちわ からまわりです。 新聞のコラムからの受け売りじみますが・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/02 08:31
初冬の山裾08
こんにちわ からまわりです。 昨日、韓国の人気俳優ぺ・ヨンジュンさんが日本滞在四泊五日のス ケジュールを終えて離日・帰国しました。 人気沸騰している俳優を迎える側は警備に細心の配慮をしていまし たが、ぺ・ヨンジュンさんご本人のファンを大切に思う心が逆に作 用して、残念ながらファンの中からけが人を出してしまいました。 「冬ソナ」を3〜4回ほど見ていて、彼に対して好意的な小生は、 今回の事故は気の毒なことであったと思っています。 彼を迎えるファンの側も然るべき分別を示していたと思いま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/30 21:57
初冬の山裾07
こんにちわ からまわりです。 11月はあと2日で終わります。今朝は素晴らしい快晴で、ここに きてやっと師走を間近にした陽気が顔を出してきたようです。 昨日はスポーツ関連にイベントが目白押しでした。 まず、大相撲は朝青龍が1日前に優勝を決めており、一年6場所の うち5場所で賜杯を手にする抜群の安定感を示した一方で、期待さ れた大関魁皇も次の場所の成績次第では横綱昇進も実現しそうな位 置にとどまってくれました。 しかし、千秋楽の結びの一番はそういう思惑を込めた、八百長か片 八百長で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/29 20:06
初冬の山裾06
(11/28日分を前倒し) こんにちわ からまわりです。 食料自給率や、穀物自給率と言う概念があります。 食料自給率(カロリーベース)     穀 物 自 給 率 オーストラリア287%           344% フランス   141%           194% アメリカ   140%           134% ドイツ    100%           123% イギリス    78%           100% 日本      40%            2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/29 20:06
初冬の山裾05
(11/27日分) こんにちわ からまわりです。 先日レンタルビデオ屋から「無伴奏シャコンヌ」を借りてきて、一 度見ましたが、これが難解なフランス映画で、サッパリ意味がつか めませんでした。 ネットで、映画評論の記述をいろいろ読んだり、ビデオの始めから 二度、見直して、やっと少しは鑑賞の域に近づけたかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/29 19:44
初冬の山裾04
(11/26日分) こんにちわ からまわりです。 未だひと月早いですが、NHK紅白歌合戦の出場者も決まったこと ですので、今年の流行語(?)を以下に並べてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/26 08:12
初冬の山裾03
こんにちわ からまわりです。  秋の日の  ヴィオロンの  ためいきの  身にしみて  ひたぶるに  うら悲し      「落葉」 ヴェルレエヌ  上田敏 訳 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/25 08:11
晩秋の野草01
(11/07日送信分をやや前倒し) こんにちわ からまわりです。 11月の第一土曜日はすばらしい青天井のもとで時が経過しました。 皆さまのところでは如何でしたでしょうか。 小生はどこにも出かけることなく、身辺の片付け物をして、その後、 庭の植生を少しだけいじって一日を過ごしましたが、いつも他所様 と比べて出遅れ気味に咲くエンゼルトランペットが今真っ盛りに咲 き、その周辺だけは賑やかですが、フジバカマは終局で、ヤマラッ キョウの蕾がやや膨らんできており、来週はそちらのほうに楽しみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/24 12:17
初冬の山裾02
(11/24日分をやや早出し) こんにちわ からまわりです。 23日はよいお天気に恵まれました。小雪を一日過ぎた勤労感謝の日 でしたが、風もない穏やかな日でしたので、行楽地はさぞかしの賑 わいでありましたでしょう。 期待の大関魁皇が一門の新鋭力士白鵬にもろくも敗れ去りました。 体力に任せて雑な相撲を取ってきたツケが、かつての双葉山を髣髴 させるような柔軟な若手力士に苦杯を舐めたことになるのでしょう。 勝ったほうも負けたほうも、どちらも相撲界の至宝であります。 どうか精進されて、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/24 12:05

月別リンク

花便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる